1. ホーム
  2. スーパータダライズの早漏防止のメカニズム

スーパータダライズの早漏防止のメカニズム

スーパータダライズは、インドの製薬会社、サンライズレメディーズ社が販売しているED治療にも早漏防止にも効果的な治療薬です。
含まれている有効成分ですが、ED治療薬の中で世界シェア・ナンバー1のシアリスと同じ有効成分タダラフィルと、早漏に効果的なダポキセチンになります。

タダラフィルはED治療薬の中でも大変優れており、特質的な部分があります。
まず、持続性の長さが従来のED用治療薬に比べ大変長いものとなています。

バイアグラの持続時間は、4~5時間と1回のセックスでは十分な長さですが、スーパータダライズは有効成分タダラフィルにより24~36時間も持続します。
これは成分の含まれている量や、服用タイミング、個人差によって異なってきますが36時間と言う数字は驚異的数字と言えるでしょう。
しかし、そのかわりに即効性はあまり期待できず、ゆっくり段々と効果が実感できるタイプです。

もう一つの有効成分のダポキセチンですが、元々は抗うつ剤などとして使用されていた成分です。
SSRIと呼ばれる精神安定剤と同じ作用を持っており、緊張や不安などに効果的です。


スーパータダライズの成分解説

ダポキセチンの作用

では、なぜ精神安定剤であるはずのダポキセチンが早漏防止に効果的なのか、解説してみたいと思います。

まず、射精は脳で感じる事でおきます。ペニスの刺激が脳へ伝達され性的に興奮し、この興奮がピークに達した時に男性は絶頂とともに射精するようになっています。
つまり、あまりにも興奮が激しいと射精感が早くなってしまうのです。
因みに、勃起障害で悩んでる人の多くは早漏でも悩んでるとされていますが、やっとできた勃起なばかりに、焦ってしまう事で通常よりも射精が早くなってしまうのです。

そこで、脳の焦燥感や興奮状態を抑えるために、精神安定剤のSSRIが有効なのです。

そのメカニズムをもっと詳しく説明しましょう。
まず、興奮とは興奮物質ノルアドレナリンが過剰に分泌された脳の状態のことです。
ノルアドレナリンの分泌を抑えるには、幸せホルモンとも呼ばれる安らぎ物質セロトニンが有効です。
SSRIとはセロトニン再取り込み阻害薬のことで、脳内でセロトニンの消費(受容体への結合による取り込み)を、わざと阻害し、一時的にセロトニンの濃度高めて、早漏の元凶であるノルアドレナリンの分泌を抑えるのです。

これにより、ノルアドレナリンによる過剰な興奮を抑制し、いわば脳をクールに保つことで、通常の3~4倍まで射精時間を延ばすことが可能なのです。
また、ダポキセチンは他の精神安定剤に使われるSSRIと比べて、選択的に射精中枢に作用することが知られています。

この射精抑制に加えて勃起促進の効果がプラスされたスーパータダライズは大変実用的な治療薬と言えます。


早漏防止薬スーパータダライズとは!?

早漏防止効果以外のメリット