1. ホーム
  2. 早漏防止薬の個人輸入
  3. 急増するスーパータダライズの個人輸入

急増するスーパータダライズの個人輸入

ここ数年で中高年層でスーパータダライズを個人輸入する方が増えているといいます。
主な理由としてバイアグラなどのED治療薬では事が足らなくなったことが考えられます。

早漏や勃起不全は中高年男性の多くの人の深刻な悩みです。
セックスの成功率やパートナーとの信頼関係や愛情表現の1つの場を失ってしまうのですから当然です。

どちらの症状の原因もほとんどが器質性と言われるものです。
器質性とは臓器・組織などの身体的な状態異常を表す言葉で、加齢によって身体の筋力などが衰えて射精を我慢することができなくなってしまったり、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病をはじめとする何かしらの病気が原因になり血管や神経に問題がおこり、満足できる挿入に十分な陰茎の硬さを持続することなどができなくなってしまうのです。
これに早漏の症状が併発すると更に悩みは深刻となり、その患者数は年々増加傾向にあると聞きます。

そんな悩みを解決する薬としてスーパータダライズが人気を博するようになってきたのは自然な流れかもしれません。これまでバイアグラやシアリスに代表されるED治療薬の利用者が、どんどんスーパータダライズや同種のスーパーカマグラの個人輸入に流れているのです。


早漏防止薬の個人輸入

若年層にも広がるスーパータダライズの人気

スマホブームに相まってか、なぜか若者の中にもスーパータダライズの個人輸入をしている人が少なくありません。
その背景に若年性のEDとPEが併発していることが挙げられます。
近年、この2つの症状は中高年の方以外にも、成人を迎えたばかりの20歳からもおこる症状として考えられていて、こちらの原因は中高年と異なり、心因性によるものと考えられています。

日々の生活で現実的に受けているストレスや悩み、不安や深層心理にある過去のことが影響していてセックスの失敗やトラウマ、コンプレックスなどからおこるものとされ、若者は中高年に比べ体力的にも性欲旺盛な時期であるため大切な人とセックスをできないことを苦痛に感じてしまい考えすぎてしまうことで、より症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。

本来、治療で使われる薬は別々の種類を用いて治療を行いますが、同時に症状を起してしまっている方には服用が負担になってしまうことも少なくないため、最近ではシアリスなどのED治療薬よりも、一つで両方を解消できるスーパータダライズを個人輸入する方が増えているのです。

スーパータダライズは、早漏防止に有効とされているダポキセチンを60mgと勃起不全に有効とされているタダラフィル20mgを1錠に配合している薬です。

早漏防止のためにダポキセチンが脳の興奮を抑制するために脳内の神経物質の1つであるセロトニンの分泌量を増やし、脳の興奮を鎮めることで射精までの時間を3~4倍に伸ばすことができる早漏防止効果と、タダラフィルが陰茎を最大36時間サポートし男性がセックスを行いたい時に時間内であれば性的刺激を受ければ勃起することを可能にしてくれる効果を期待することができます。

最近はインターネットで簡単に個人輸入できるサービスがどんどん増えてきていますので、ムスコにちょっと自信がないという方は、ぜひ一度お試しください。

当サイトの管理人が主に利用しているのは、日本人向けに提供されている「お薬購買部」というサイトで、サイトの記載内容が全て日本語ですので普通の通販のようにお買いものが出来、質問のメールや電話対応も現地の日本人スタッフが対応してくれるので安心です。


早漏防止薬の個人輸入代行サイト「お薬購買部」 ※サイト外へリンクします

早漏防止薬の個人輸入

早漏防止薬スーパータダライズとは!?